English

国際会議

  • FY2016
  • Y. Motome, "Evincing Majorana fermions in Kitaev magnets"
    APCTP-Quantum Materials Symposium 2017 in conjunction with 17th Korea-Taiwan-Japan Workshop on SCES & APW, Yongpyong, Korea (Mar. 2017)
  • Y. Motome, "Diagnostic of fractionalized Kitaev spin liquids"
    14th Bilateral Japanese-German Symposium, Sapporo, Japan (Sep. 2016)
  • Y. Motome, "Fractional Spin Fluctuation as a Precursor of Quantum Spin Liquids"
    8th International Conference on Highly Frustrated Magnetism (HFM 2016), Taipei, Taiwan (Sep. 2016)
  • Y. Motome, "Exotic orders on the Kondo lattices: from classical to quantum"
    Quantum Criticality and Topology in Itinerant Electron Systems, Albuquerque, USA (Aug. 2016)
  • Y. Motome, "Majoranization in Kitaev spin liquids"
    Plenary talk in The 2nd Conference on Condensed Matter Physics (CCMP2016), Nanjing, China (Jul. 2016)
  • FY2015
  • Y. Motome, "Thermodynamics of Fractional Quantum Spin Liquids",
    Invited talk in Deutsche Physikalische Gesellschaft e.V. (DPG: German Physical Society meeting), Regensburg, Germany (Mar. 2016)
  • Y. Motome, "Hunting Majorana fermions in quantum spin liquids: Quantum Monte Carlo studies of Kitaev-type models",
    KITP Conference: Novel States in Spin-Orbit Coupled Quantum Matter: from Models to Materials, Santa Barbara, USA (Jul. 2015)
  • Y. Motome, "Emergent spin texture and band topology in frustrated itinerant magnets",
    Overview talk in Advanced Working Group on Itinerant Frustration 2015 (AWGIF 2015), Trinity College, Univ. of Cambridge, UK (Jul. 2015)
  • Y. Motome, "Thermodynamics of Quantum Spin Liquids",
    Workshop on "Topological Magnets", RIKEN, Japan (May. 2015)
  • Y. Motome, "Quantum Monte Carlo study of Kitaev spin liquids",
    SPICE-Workshop on Computational Quantum Magnetism, Mainz, Germany (May. 2015)
  • FY2014
  • Y. Motome, "Vaporization of Kitaev spin liquids",
    Frontiers in Condensed Matter Physics, Seoul, Korea (Dec. 2014)
  • M. Udagawa, "Novel routes for monopole freezing in spin ice",
    YITP Long-term Workshop: Novel Quantum States in Condensed Matter 2014, Kyoto, Japan (Nov. 2014)
  • Y. Motome, "Vaporization in quantum spin liquids",
    YITP Long-term Workshop: Novel Quantum States in Condensed Matter 2014, Kyoto, Japan (Nov. 2014)
  • S. Hayami, "Toroidal order in metals without local inversion symmetry",
    Swiss-Japan Workshop 2014: Trends in Theory of Correlated Materials, Aoyama-Gakuin Univ., Japan (Oct. 2014)
  • Y. Motome, "On the vaporization of Kitaev quantum spin liquids",
    13th Bilateral German-Japanese Symposium: Interplay of Spin- and Orbital Degrees of Freedom in Strongly Correlated Electron Systems, Ringberg Castle, Germany (Jul. 2014)
  • Y. Motome, "How does the Kitaev spin liquid evaporate?",
    The International Conference on Highly Frustrated Magnetism (HFM 2014), Cambridge, England (Jul. 2014)
  • M. Udagawa, "Domain wall creation by electric current in All-in/All-out magnets",
    ISSP International Workshop on New Horizon of Strongly Correlated Physics, Tokyo, Japan (Jun. 2014)
  • Y. Motome, "Vaporization of a quantum spin liquid",
    ISSP International Workshop on New Horizon of Strongly Correlated Physics, Tokyo, Japan (Jun. 2014)
  • M. Udagawa, "Transport theory of pyrochlore conductors",
    OIST International Workshop on Novel Quantum Materials and Phases, Okinawa, Japan (May. 2014)
  • FY2013
  • M. Udagawa, "Itinerant Spin Ice",
    Invited talk in 2014 APS March Meeting, Denver, Colorado, USA (Mar. 2014)
  • Y. Motome, "Numerical study of frustration and topology in spin-charge coupled systems",
    Recent Developments in Computer Simulational Studies in Condensed Matter Physics, Athens, Georgia, USA (Feb. 2014)
  • Y. Motome, "How does quantum spin liquid vaporize?",
    FIRST International Symposium on Topological Quantum Technology, Tokyo, Japan (Jan. 2014)
  • Y. Motome, "Breathing-type bond order and spin Hall effect in itinerant spin ice",
    FIRST-QS2C Workshop on Emergent Phenomena of Correlated Materials, Tokyo, Japan (Nov. 2013)
  • Y. Motome, "Large scale simulation toward new electronics and spintronics",
    Frontiers in Nano-Scale Physics, UTokyo Forum, Santiago, Chili (Nov. 2013)
  • M. Udagawa, "Topological defects in pyrochlore conductors",
    International Workshop for Young Researchers on Topological Quantum Phenomena in Condensed Matter with Broken Symmetries 2013, Okinawa, Japan (Oct. 2013)
  • M. Udagawa, "Transport theory of spin-ice conduction systems",
    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES 2013), Tokyo, Japan (Aug. 2013)
  • Y. Motome, "Quantum anomalous Hall insulator in kagome ice",
    Disorder, Dynamics, Frustration and Topology in Quantum Condensed Matter, Aspen, USA (Jun. 2013)
  • H. Ishizuka, "Monte Carlo Study of Spin-Ice type Kondo Lattice Model",
    Emergent Quantum Phases in Condensed Matter, Tokyo, Japan (Jun. 2013)
  • FY2012
  • Y. Motome, "Spin-charge interplay on frustrated lattices",
    Invited talk in 2013 APS March Meeting, Baltimore, Maryland, USA (Mar. 2013)
  • Y. Motome, "Frustration in elemental boron",
    Japan-France Joint Seminar 2012: Physics and Control of Clustering Solids, Awaji Yumebutai, Japan (Nov. 2012)
  • M. Udagawa, "Transport theory of conduction electrons coupled with spin ice",
    Swiss-Japan Workshop 2012: Current Topics in Theory of Correlated Materials, Wako, Japan (Sep. 2012)
  • H. Ishizuka, "Monte Carlo study of frustrated Ising-spin Kondo lattice models: Partial disorder and Kosterlitz-Thouless transition",
    International Workshop on Recent Developments of Studies on Phase Transitions 2012, Tokyo, Japan (Jun. 2012)
  • Y. Motome, "Frustration, competing interactions & partial disorder in Kondo lattice systems",
    The International Conference on Highly Frustrated Magnetism (HFM 2012), McMaster Univ., Canada (Jun. 2012)
  • Y. Motome, "Complex spin-charge orders in Kondo lattice systems",
    International Workshop on Itinerant Spin-Orbital Systems: From Magnetic Frustration to Novel Superconductivity, Dresden, Germany (May 2012)
  • M. Udagawa, "Non-Kondo resistivity minimum in spin ice conduction systems",
    International Workshop on Itinerant Spin-Orbital Systems: From Magnetic Frustration to Novel Superconductivity, Dresden, Germany (May 2012)
  • FY2011
  • Y. Motome, "Frustration in Kondo lattice systems",
    UK-Japan Meeting 2012 in Tokyo, Tokyo, Japan (Jan. 2012)
  • Y. Motome, "Spin-glass transition in pyrochlore Heisenberg Antiferromagnets: Effect of magnetoelastic coupling",
    Frustrated Magnets: FROM SPIN ICE TO KAGOME PLANES, Natal, Brazil (Dec. 2011)
  • Y. Motome, "Emergent order and fluctuation in frustrated spin-charge coupled systems - spin chirality, partial disorder, and spin ice",
    Novel Quantum States in Condensed Matter 2011 (NQS2011), Kyoto, Japan (Nov. 2011)
  • Y. Motome, "Theoretical study of spin-charge coupled systems on geometrically frustrated lattices",
    Tokyo-Cologne Workshop on Strongly Correlated Transition-Metal Compounds, Cologne, Germany (Sep. 2011)
  • Y. Motome, "Emergent order in spin-charge coupled systems on frustrated lattices",
    CIFAR/MEXT Japanese Network Meeting, Vancouver, Canada (May 2011)
  • Y. Motome, "Emergent Order in Spin-Charge Coupled Systems on Frustrated Lattices",
    Novel Phenomena in Frustrated Systems, Santa Fe, USA (May 2011)
  • FY2010
  • Y. Motome, "Emergent order in frustrated Kondo lattice systems",
    International Conference on Frustration in Condensed Matter (ICFCM), Sendai, Japan (Jan. 2011)
  • M. Udagawa, "Geometrical frustration in itinerant electron systems",
    Japan-Swiss Joint Workshop, New Trends in Theory of Correlated Materials, Chiba, Japan (Sep. 2010)
  • M. Udagawa, "Quantum criticality in itinerant ice-rule systems",
    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2010, Baltimore, USA (Aug. 2010)
  • Y. Motome, "Spin-charge-orbital coupled phenomena in Mo pyrochlore oxides: Monte Carlo study of the pyrochlore double-exchange model",
    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2010, Baltimore, USA (Aug. 2010)
  • M. Udagawa, "Quantum criticality in itinerant ice-rule systems",
    International Conference on Statistical Physics XXIV, Cairns, Australia (Jul. 2010)
  • FY2009
  • Y. Motome, "Spin-charge interplay in frustrated itinerant systems",
    International Symposium on Physics of New Quantum Phases in Superclean Materials, Yokohama, Japan (Mar. 2010)
  • Y. Motome and N. Furukawa, "Phase competition and large residual entropy in the pyrochlore double-exchange system",
    International Conference on Magnetism 2009, Karlsruhe, Germany (Jul. 2009)
  • Y. Motome, "Phase competition in the pyrochlore double exchange system",
    Joint European Japanese Conference: Frustration in Condensed Matter, Lyon, France (May 2009)
  • FY2008
  • Y. Motome, "Phase competitions in frustrated spin-charge coupled systems",
    International Workshop on Quantum Critical Phenomena and Novel Phases in Superclean Materials, Honolulu, Hawaii, USA (Jan. 2009)
  • M. Udagawa, "Emergent correlations and Mott criticality - cluster dynamical mean-field study",
    International Workshop on Quantum Critical Phenomena and Novel Phases in Superclean Materials, Honolulu, Hawaii, USA (Jan. 2009)
  • FY2007
  • Y. Motome, "Orbital and Magnetic Physics in Vanadium Spinels",
    KITP Program: Moments and Multiplets in Mott Materials, Santa Barbara, USA (Sep. 2007)
  • Y. Motome, "Degeneracy and Symmetry Breaking in Spinel Oxides",
    NSFC-JSPS Joint Mini-Workshop on Novel Quantum Phenomena in Strongly Correlated Electronic Systems, Beijing, China (Jun. 2007)
  • FY2006
  • Y. Motome, K. Penc and N. Shannon, "Magnetization Plateau and Magnetic Phase Diagram of Highly-Frustrated Pyrochlore Heisenberg Magnets",
    International Conference on Magnetism 2006, Kyoto, Japan (Aug. 2006)
  • Y. Motome, "Metamagnetism and related critical phenomena in pyrochlore Heisenberg antiferromagnets",
    ISSP International Symposium on Computational Approaches to Quantum Critical Phenomena, ISSP, Kashiwa, Japan (Aug. 2006)
  • Y. Motome, "Exact diagonalization study of Mott transition in the Hubbard model on an anisotropic triangular lattice",
    ISSP International Workshop on Computational Approaches to Quantum Critical Phenomena, ISSP, Kashiwa, Japan (Aug. 2006)

アメリカ物理学会 March meeting

  • 2017 New Orleans, Louisiana
  • J. Nasu, Y. Kato, J. Yoshitake, and Y. Motome, "Liquid-Liquid Transition in Kitaev Magnets Driven by Spin Fractionalization"
  • S.-H. Do, S.-Y. Park, J. Yoshitake, J. Nasu, Y. Motome, Y. S. Kwon, D. T. Adroja, D. Voneshen, J.-H. Park, K.-Y. Choi, and S. Ji, "The realization of Majorana fermions in Kitaev Quantum Spin Lattice"
  • 2016 Baltimore, Maryland
  • J. Yoshitake, J. Nasu, and Y. Motome, "Magnetic fluctuations and dynamics in the vicinity of quantum spin liquids: Cluster dynamical mean-field study of the Kitaev model"
  • R. Ozawa, S. Hayami, K. Barros, G-W. Chern, Y. Motome, and C. D. Batista, "Vortex Crystals with Chiral Stripes in Itinerant Magnets"
  • 2015 San Antonio, Texas
  • R. Ozawa, K. Barros, G-W. Chern, S-Z. Lin, M. Udagawa, Y. Motome, and C. D. Batista, "Fermi Surface Induced Scalar Chiral Stripes in the Kondo Lattice Model on a Square Lattice"
  • 2014 Denver, Colorado
  • S. Hayami, H. Kusunose, and Y. Motome, "Toroidal ordering in metals: band shift, magnetotransport, and magnetoelectric effect"
  • H. Ishizuka and Y. Motome, "Spin-cluster Formation and Spin-Hall Effect in a Pyrochlore Magnet"
  • J. Nasu, T. Kaji, K. Matsuura, M. Udagawa, and Y. Motome, "Finite-temperature phase transition to a quantum spin liquid in a 3D Kitaev model"
  • R. Ozawa, M .Udagawa, Y. Akagi, and Y. Motome, "Reconstruction of Chiral Edge States in Magnetic Chern Insulators"
  • H. Ishizuka and Y. Motome, "Loop-liquid State in an Ising-spin Kondo Lattice Model on a Kagome Lattice"
  • 2013 Baltimore, Maryland
  • Y. Akagi, M. Udagawa, and Y. Motome, "Quantum Fluctuation Effect on a Spin Scalar Chiral Ordering in Frustrated Kondo Lattice System"
  • M. Udagawa, H. Ishizuka, and Y. Motome, "Quantum criticality and fractional charge excitations in itinerant ice-rule systems"
  • S. Hayami, T. Misawa, Y. Yamaji, and Y. Motome, "3D Dirac Electrons on a Cubic Lattice with Noncoplanar Multiple-Q Order"
  • Y. Motome and H. Ishizuka, "Quantum Topological Hall Effect in Kagome Ice"
  • H. Ishizuka and Y. Motome, "Dirac Half-Metal in a Triangular Ferrimagnet"
  • 2012 Boston, Massachusetts
  • H. Ishizuka, M. Udagawa, and Y. Motome, "Monte Carlo study of a spin-ice type Kondo lattice model on a pyrochlore lattice"
  • J. Yoshitake, T. Misawa, and Y. Motome, "Cluster dynamical mean-field study of charge ordering in the Kondo lattice model at quarter filling"
  • Y. Akagi, M. Udagawa, and Y. Motome, "Spin scalar chiral ordering and hidden positive biquadratic interaction in frustrated Kondo lattice systems"
  • S. Hayami, M. Udagawa, and Y. Motome, "Partial disorder in the periodic Anderson model on a triangular lattice"
  • Y. Motome, M. Udagawa, and H. Ishizuka, "Non-Kondo mechanism of resistivity upturn in a spin-ice Kondo lattice model"
  • 2011 Dallas, Texas
  • J. Yoshitake and Y. Motome, "Trimer Formation and Metal-Insulator Transition in Triangular-Lattice Systems LiVX2 (X=O,Se,S)"
  • Y. Motome, K. Nakamikawa, Y. Yamaji, and M. Udagawa, "Partial Kondo screening in geometrically frustrated Kondo lattice systems"
  • 2010 Portland, Oregon
  • Y. Motome and N. Furukawa, "Spin-charge coupled phenomena in Mo pyrochlore oxides under pressure: Monte Carlo study of the double-exchange model on a frustrated pyrochlore lattice"
  • M. Udagawa and Y. Motome, "Chirality-driven heavy-fermion behavior in kagome Hubbard model"
  • T. Ogitsu, F. Gygi, J. Reed, M. Udagawa, Y. Motome, E. Schwegler, and G. Galli, "Geometrical frustration and macroscopic residual entropy in an elemental boron explained by a frustrated Ising model"
  • 2009 Pittsburgh, Pennsylvania
  • Y. Motome and N. Furukawa, "Phase competition and large residual entropy in the pyrochlore double-exchange system"
  • 2008 New Orleans, Louisiana
  • M. Udagawa and Y. Motome, "Magnetic Fluctuations in the Hubbard Model on Kagome-based Frustrated Lattices"
  • H. Seo and Y. Motome, "Charge frustration and novel electron-lattice coupled phase transition in organic conductor DI-DCNQI2Ag"
  • Y. Otsuka, H. Seo, Y. Motome and T. Kato, "Numerical Study of Finite-Temperature Phase Transitions in Quasi-One-Dimensional Molecular Conductors"
  • 2007 Denver, Colorado
  • M. Udagawa and Y. Motome, "Coexisting fluctuations of charge ordering in quasi-2D organic conductors, theta-(ET)2X"
  • H. Seo, Y. Motome and T. Kato, "Finite-Temperature Phase Transitions in Quasi-One-Dimensional Molecular Conductors"

日本物理学会

  • 第72回年次大会 大阪大学
  • 那須譲治, 吉竹純基, 求 幸年, "キタエフ模型における熱輸送現象"
  • 吉竹純基, 那須譲治, 求 幸年, "キタエフ模型における磁場効果:NMR磁気緩和率と非線形磁化率"
  • 杉田悠介, 三宅 隆, 求 幸年, "遷移金属トリカルコゲナイドにおけるディラック分散と電子相関効果"
  • 小山田明, 山本悦嗣, 芳賀芳範, 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "三角格子反強磁性体UNi4Bにおける異常ホール効果"
  • 奥村 駿, 加藤康之, 求 幸年, "一軸性カイラル磁性伝導体におけるカイラルソリトン格子の数値的研究"
  • 長井優弥, 清水康弘, 伊藤正行, 吉竹純基, 那須譲治, 求 幸年, "Kitaev型ハニカム格子反強磁性体α-RuCl3におけるNMR"
  • 速水 賢, 小澤 遼, 求 幸年, "近藤格子模型における有効的なスピン間相互作用が誘起するスキルミオン結晶相"
  • 小澤 遼, 加藤康之, 速水 賢, 求 幸年, "近藤格子模型で発現する異なるトポロジカル数を持つスキルミオン結晶の温度磁場相図"
  • 加藤康之, 木村健太, 三宅厚志, 徳永将史, 松尾 晶, 金道浩一, 赤木 暢, 萩原政幸, 世良正一, 木村 剛, 求 幸年, "正四角台塔系における磁気秩序の多極子分解と電気磁気応答"
  • ミシェンコピョートル, 加藤康之, 求 幸年, "ハイパーオクタゴン格子上のキタエフ模型が示す「気液」相転移の大規模数値計算"
  • 2016年秋季大会 金沢大学
  • 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "自発的な空間反転対称性の破れが創出するスピン・バレー・軌道物性"
  • 加藤康之, 木村健太, 三宅厚志, 徳永将史, 松尾 晶, 金道浩一, 赤木 暢, 萩原政幸, 世良正一, 木村 剛, 求 幸年, "反強磁性カイラル正四角台塔系(A(TiO)Cu4(PO4)4(A=Ba, Sr))の磁化曲線と電気磁気効果"
  • 山内邦彦, 妹尾仁嗣, 中 惇, 求 幸年, "BiMO3 (M:3d 遷移金属元素) の第一原理電子状態計算"
  • 中 惇, 妹尾仁嗣, 求 幸年, "原子価スキッパーを含むペロブスカイト型酸化物における価数転移の理論"
  • 那須譲治, 求 幸年, "キタエフ模型の磁場下での熱ホール効果"
  • 那須譲治, J. Knolle, D.L. Kovrizhin, 求幸年, R. Moessner, "キタエフ模型における分数化に由来したフェルミ励起:α-RuCl3におけるラマン散乱実験との比較"
  • 長井優弥, 清水康弘, 伊藤正行, 吉竹純基, 那須譲治, 求 幸年, "Kitaev型ハニカム格子反強磁性体α-RuCl3における35Cl NMR"
  • 小澤 遼, 速水 賢, 求 幸年, "遍歴磁性体における多重Q秩序相のドメイン構造"
  • 小澤 遼, C. D. Batista, 求 幸年, "スピン電荷結合が誘起するスカーミオン結晶"
  • 小澤 遼, K. Barros, 速水 賢, 求 幸年, "スピン電荷結合系において磁気異方性と外部磁場が誘起する共線・共面・非共面磁気転移"
  • 第71回年次大会 (2016) 東北学院大学
  • 小山田明, 山本悦嗣, 芳賀芳範, 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "三角格子反強磁性体UNi4Bの弱強磁性と異常ホール効果"
  • 那須譲治, 吉竹純基, 加藤康之, 紙屋佳知, 求 幸年, "イジング相互作用を加えたキタエフ模型の液 液相転移"
  • 乾 幸地, 吉竹純基, 求 幸年, "四極子近藤格子系の磁場中相図に現れるクロスオーバー挙動"
  • 杉田悠介, 求 幸年, "三角格子上の電荷秩序が誘起するスピン・バレー物性"
  • 吉竹純基, 那須譲治, 求 幸年, "キタエフ量子スピン液体近傍の磁気揺らぎとダイナミクス"
  • 2015年秋季大会 関西大学
  • 乾 幸地, 吉竹純基, 求 幸年, "2チャンネル近藤格子模型の磁気相図:クラスター動的平均場法による研究"
  • 加藤康之, 三澤貴宏, "横磁場イジング模型における量子三重臨界点:量子モンテカルロ法を用いた解析"
  • 小山田明, 山本悦嗣, 芳賀芳範, 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "三角格子反強磁性体UNi4Bの磁気秩序状態における異常ホール効果"
  • 吉竹純基, 求 幸年, "Kitaev模型のクラスター動的平均場近似法による研究"
  • 那須譲治, 宇田川将文, 求 幸年, J. Knolle, D. Kovrizhin, and R. Moessner, "Kitaev模型における有限温度の動的磁気応答"
  • 赤城 裕, 求 幸年, "スピン-電荷結合系における磁場中相図:カゴメネットワーク形成相と超固体相"
  • S. Hayami, R. Ozawa, Y. Motome, and C. D. Batista, "Stabilizing Mechanism of Meron Crystals: Weak Coupling Approach"
  • R. Ozawa, K. Barros, S. Hayami, G-W. Chern, M. Udagawa, Y. Motome, and C. D. Batista, "Numerical Study on Meron Crystals with Spin Scalar Chiral Stripes on a Square Lattice"
  • 第70回年次大会 (2015) 早稲田大学
  • 中 惇, 妹尾仁嗣, 求 幸年, "巨大負熱膨張物質BiNiO3における金属間電荷移動と絶縁体 金属転移の理論"
  • 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "トロイダル秩序系における集団励起"
  • 杉田悠介, 速水 賢, 求 幸年, "パリティ混成のあるd-p模型における軌道秩序と特異な電子状態"
  • 上原 周, 品岡 寛, 求 幸年, "混合原子価スピネルにおける電荷スピン軌道ゆらぎに対する一般化感受率のRPA解析"
  • 那須譲治, 宇田川将文, 求 幸年, "カイラルスピン液体の有限温度相転移"
  • 小澤 遼, 宇田川将文, 求 幸年, K. Barros, G-W. Chern, C. D. Batista, "Spin Scalar Chiral Stripes in the Kondo Lattice Model on a Square Lattice"
  • 三條東彦, 求 幸年, "準周期系におけるランダムネスと電子相関の効果に関する理論的研究"
  • 求 幸年, "趣旨説明", 領域8, 領域3合同シンポジウム, "スピン軌道物理の新展開 - Kitaev型異方的相互作用が創出する新奇な物性"
  • 紙屋佳知, 加藤康之, 那須譲治, 宇田川将文, 求 幸年, "スピン液体の量子モンテカルロ計算:perturbed toric codeの液相 固相転移"
  • 宇田川将文, "(若手奨励賞) 遍歴電子系における幾何学的フラストレーション効果の理論的研究"
  • 2014年秋季大会 中部大学
  • 那須譲治, 宇田川将文, 求 幸年, "Kitaev模型の熱力学的性質とそのギャップ構造"
  • 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "局所的なパリティ混成をもつ拡張近藤格子模型における磁気秩序"
  • 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "スピン軌道結合系における自発的な空間反転対称性の破れ"
  • 速水 賢, 求 幸年, "遍歴電子系における非共線・非共面磁気秩序の新しい安定化機構"
  • 上原 周, 品岡 寛, 求 幸年, "スピネル酸化物におけるスピン軌道相互作用と結晶場分裂:一般化感受率のRPA解析"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "All-in/All-out型磁性体における電流によるドメイン生成"
  • 那須譲治, 宇田川将文, 求 幸年, "3次元Kitaev模型における量子スピン液体の有限温度相転移"
  • 第69回年次大会 (2014) 東海大学
  • 那須譲治, 求 幸年, "スピネル型イリジウム化合物CuIr2S4の八量体相におけるスピン軌道相互作用を起源とした特異な磁気状態"
  • 那須譲治, 加治俊之, 松浦慧介, 宇田川将文, 求 幸年, "3次元Kitaev模型における有限温度相転移に伴う磁気状態の変化"
  • 速水 賢, 楠瀬博明, 求 幸年, "金属中のトロイダル秩序:バンドシフト,磁気伝導,電気磁気効果"
  • 赤城 裕, 宇田川将文, 求 幸年, "近藤格子系におけるマグノンホール効果"
  • 2013年秋季大会 徳島大学
  • 品岡寛, 求幸年, 三宅隆, 石橋章司, "モリブデンパイロクロア酸化物におけるスピン軌道複合自由度とフラストレーション"
  • 石塚大晃, 求幸年, "カゴメ格子イジング近藤格子模型におけるループ液体状態"
  • 小澤遼, 赤城裕, 宇田川将文, 求幸年, "スカラーカイラル秩序相における表面効果:端状態の再構成の実空間解析"
  • 速水賢, 三澤貴宏, 山地洋平, 求幸年, "立方格子古典近藤格子模型で発現する多重Q磁気秩序のモンテカルロ法による解析"
  • 宇田川将文, 求幸年, "パイロクロア伝導系のall-in/all-out秩序相における磁性と伝導現象"
  • 宇田川将文, 求幸年, "ライングラフ上で定義されたHubbard modelの強相関極限の性質"
  • 那須譲治, 加治俊之, 松浦慧介, 宇田川将文, 求幸年, "3次元Kitaev模型における非自明な有限温度相転移"
  • 第68回年次大会 (2013) 広島大学
  • 石塚大晃, 求 幸年, "スピンアイス二重交換模型における自発的反転対称性の破れ"
  • 赤城 裕, 宇田川将文, 求 幸年, "近藤格子系が示すカイラルスピン秩序における量子揺らぎの効果"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "フラストレート格子上ハバード模型の強相関極限における電荷・磁気相関"
  • 小澤 遼, 赤城 裕, 宇田川将文, 求 幸年, "二次元スピンスカラーカイラル相における端状態の再構成"
  • 速水 賢, 三澤貴宏, 山地洋平, 求 幸年, "立方格子における3次元ディラック電子を伴う非共面的な多重Q磁気秩序"
  • 2012年秋季大会 横浜国立大学
  • 速水 賢, 三澤貴宏, 求 幸年, "周期的アンダーソンモデルにおける多重Q磁気秩序と電荷秩序"
  • 石塚大晃, 求 幸年, "カゴメ格子二重交換模型におけるスピンアイス液体状態と異常ホール効果"
  • 石塚大晃, 求 幸年, "三角格子近藤格子模型が示す部分無秩序状態における電荷秩序と電子構造"
  • 乾 幸地, 石塚大晃, 求 幸年, "カゴメ格子上ハバードモデルにおける磁場誘起スピンカイラル秩序"
  • 宇田川将文, Roderich Moessner, "スピンアイス伝導系の非従来型異常ホール効果の理論"
  • 宇田川将文, Roderich Moessner, "フラストレート伝導系における空間的に乱れたスピン構造に起因する異常ホール効果"
  • 宇田川将文, 石塚大晃, 求 幸年, "スピンアイス伝導系の輸送現象と動的応答"
  • 速水 賢, 宇田川将文, 求 幸年, "三角格子周期的アンダーソン模型において磁場やスピン異方性に誘起される部分無秩序状態"
  • 石塚大晃, 求 幸年, "三角格子フェリ磁性体におけるディラック・ハーフメタル"
  • 品岡 寛, 富田裕介, 求 幸年, "局所的格子歪みと結合したパイロクロア反強磁性体におけるスピングラス相の磁気励起構造"
  • 第67回年次大会 (2012) 関西学院大学
  • 吉竹純基, 三澤貴宏, 求 幸年, "1/4フィリング近藤格子模型における電荷秩序"
  • 速水 賢, 宇田川将文, 求 幸年, "三角格子上周期的アンダーソン模型におけるコメンシュレートフィリング近傍の部分無秩序"
  • 求 幸年, "相関電子系に現れる高次・複合自由度 ―新しい量子状態と伝導現象―", 領域8, 領域3, 領域7合同シンポジウム, "新物質が切り拓く次世代の強相関物性科学"
  • 赤城 裕, 求 幸年, "三角格子強磁性近藤格子模型における自発的なカゴメネットワーク形成"
  • 石塚大晃, 求 幸年, "三角格子上のイジングスピン近藤格子模型における部分無秩序状態"
  • 2011年秋季大会 富山大学
  • 宮田敦彦, 澤部博信, 松田康弘, 植田浩明, 上田 寛, 求 幸年, N. Shannon, K. Penc, 嶽山正二郎, "巨大フラストレーション系クロムスピネル酸化物の超強磁場磁化II"
  • 速水 賢, 宇田川将文, 求 幸年, "幾何学的フラストレーションをもつ周期的アンダーソンモデルにおける部分無秩序状態"
  • 宇田川将文, 石塚大晃, 求 幸年, "スピンアイス伝導系における非近藤抵抗極小現象"
  • 石塚大晃, 宇田川将文, 求 幸年, "パイロクロア格子上イジングスピン近藤格子模型における低温磁気構造とスピン液体"
  • 赤城 裕, 宇田川将文, 求 幸年, "フラストレート近藤格子系におけるカイラリティ秩序と伝導電子に由来する有効磁気相互作用"
  • 品岡 寛, 富田裕介, 求 幸年, "局所的格子歪みと結合したパイロクロア反強磁性体におけるスピングラス転移"
  • 第66会年次大会 (2011) 新潟大学
  • 酒井志朗, G. Sangiovanni, M. Civelli, 求 幸年, 今田正俊, "クラスター動的平均場法におけるクラスターサイズ依存性について"
  • 赤城 裕, 求 幸年, "幾何学的フラストレート強磁性近藤系におけるスピンカイラリティ秩序とその発現機構"
  • 宇田川将文, 石塚大晃, 求 幸年, "スピンアイス伝導系の電子状態と伝導特性"
  • 石塚大晃, 宇田川将文, 求 幸年, "パイロクロア格子上のスピンアイス伝導系に対するモンテカルロ法による研究"
  • 速水 賢, 宇田川将文, 求 幸年, "幾何学的フラストレーションをもつ周期的アンダーソンモデルにおける部分近藤スクリーニング形成"
  • 宮田敦彦, 澤部博信, 松田康弘, 植田浩明, 上田 寛, 求 幸年, N. Shannon, K. Penc, 嶽山正二郎, "巨大フラストレーション系クロムスピネル酸化物の超強磁場磁化"
  • 2010年秋季大会 大阪府立大学
  • 品岡 寛, 富田裕介, 求 幸年, "パイロクロア酸化物R2Mo2O7における磁気的多極子秩序とスピングラス転移"
  • 宮田敦彦, 澤部博信, 松田康弘, 嶽山正二郎, 植田浩明, 上田 寛, 求 幸年, N. Shannon, K. Penc, "電磁濃縮法によるZnCr2O4の600Tに及ぶ磁気相探索"
  • 石塚大晃, 求 幸年, 古川信夫, 鈴木 正, "四角酸結晶における誘電転移:フラストレーションと量子揺らぎの効果"
  • 奥村宗一郎, 川村 光, 大久保 毅, 求 幸年, "ハイゼンベルグ・ハニカム格子反強磁性体における新しいスピン液体"
  • 三澤貴宏, 求 幸年, "積層カゴメ格子上の異方的ハイゼンベルグ模型における次元低下と新奇な秩序"
  • 赤城 裕, 求 幸年, "2次元フラストレート強磁性近藤系におけるスピンカイラリティ秩序と異常ホール効果"
  • 吉竹純基, 求 幸年, "三角格子系LiVX2(X=O,S,Se)における三量体形成と金属絶縁体転移"
  • 石塚大晃, 求 幸年, 古川信夫, 鈴木 正, "フラストレートしたチェッカーボード格子拡張イジング模型における量子揺らぎの効果"
  • 石塚大晃, 宇田川将文, 求 幸年, "電荷フラストレート系と結合した伝導電子系における伝導特性と次元性"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "スピンアイスと結合した伝導電子系の磁気秩序と電子状態"
  • 酒井志朗, Giorgio Sangiovanni, 求 幸年, 今田正俊, "2次元ハバード模型におけるs波擬ギャップ"
  • 宇田川将文, 石塚大晃, 求 幸年, "フラストレート伝導電子系の励起状態:電荷アイス相のモノポール励起と分数電荷"
  • 品岡 寛, 求 幸年, "アイスルールに従う古典ハイゼンベルグスピン系へのループアルゴリズムの拡張"
  • 第65回年次大会 (2010) 岡山大学
  • 大塚雄一, 妹尾仁嗣, 求 幸年, "一次元π-d系の有限温度相図"
  • 石塚大晃, 宇田川将文, 求 幸年, "電荷フラストレート系における局所束縛条件と電子状態"
  • 宇田川将文, 石塚大晃, 求 幸年, "フラストレート伝導電子系の特異な性質:"ice rule"局所拘束系との結合効果"
  • 吉竹純基, 求 幸年, "多軌道系におけるクラスター形成によるフラストレーションの解消"
  • 赤城 裕, 求 幸年, "三角格子上の強磁性近藤模型におけるスピンカイラリティ秩序と異常ホール効果"
  • 中三川京弥, 山地洋平, 宇田川将文, 求 幸年, "近藤格子系における部分近藤スクリーニングの変分モンテカルロ法による研究"
  • 奥村宗一郎, 川村光, 求 幸年, "ハニカム格子次近接相互作用ハイゼンベルグモデルの磁気秩序化と"order from disorder""
  • 2009年秋季大会 熊本大学
  • 大塚雄一, 妹尾仁嗣, 求 幸年, "一次元π-d系における電荷秩序と有限温度物性"
  • 酒井志朗, 求 幸年, 今田正俊, "グリーン関数の零点を取り入れたフェルミアークの理論"
  • 求 幸年, 古川信夫, "パイロクロア格子上の二重交換模型における相競合と相分離"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "カゴメ格子ハバードモデルにおけるカイラリティと重い電子状態形成"
  • 求 幸年, Karlo Penc, Nic Shannon, "パイロクロア反強磁性体における双二次相互作用と四重極および八重極秩序"
  • 宮田敦彦, 小嶋映二, 植田浩明, 上田 寛, 求 幸年, 嶽山正二郎, "フラストレートスピネル酸化物ZnCr2O4の超強磁場磁化過程 III"
  • 第64回年次大会 (2009) 立教大学
  • 酒井志朗, 求 幸年, 今田正俊, "モット転移におけるグリーン関数の極と零点の再構成"
  • 内垣内洋, 宇田川将文, 求 幸年, "三角格子系ANiO2における電荷・スピン・軌道秩序相の競合と金属絶縁体転移"
  • 宮田敦彦, 小嶋映二, 植田浩明, 上田 寛, 嶽山正二郎, 求 幸年, "フラストレートスピネル酸化物ZnCr2O4の超強磁場磁化過程 II"
  • 東 正樹, Olga Smirnova, 島川祐一, 熊田伸弘, 松田雅昌, 徳永将史, 求 幸年, "フラストレートしたS=3/2ハニカム化合物Bi3Mn4O12(NO3)"
  • 三澤貴宏, 求 幸年, "非平衡緩和法を用いた三角格子上の異方的ハイゼンベルグ模型におけるカイラル・KT転移の解析"
  • 2008年秋季大会 岩手大学
  • 求 幸年, "三角格子系LiVX2(X=O,S)における金属絶縁体転移と三量体化の起源"
  • 酒井志朗, 求 幸年, 今田正俊, "モット絶縁体近傍の非フェルミ液体とグリーン関数の零点"
  • 内垣内洋, 宇田川将文, 求 幸年, "三角格子系ANiO2 (A=Na,Li,Ag) におけるフラストレーションと電荷・スピン・軌道自由度の競合"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "フラストレート格子上ハバードモデルの強相関領域における磁気揺らぎ"
  • 求 幸年,古川信夫, "パイロクロア格子上の二重交換模型の数値的研究"
  • 第63回年次大会 (2008) 近畿大学
  • 宇田川将文, 求 幸年, "カゴメおよびハイパーカゴメ格子上のハバードモデルにおける磁気ゆらぎと強相関効果"
  • 酒井志朗, 求 幸年, 今田正俊, "Mott絶縁体近傍の異常金属相とGreen関数のゼロ点"
  • 妹尾仁嗣, 求 幸年, "DI-DCNQI2Agにおける電荷フラストレーションと新奇電子格子結合秩序化"
  • 第62回年次大会 (2007) 北海道大学
  • 大塚雄一, 妹尾仁嗣, 加藤岳生, 求 幸年, "擬1次元分子性導体における電子格子相互作用系の数値的研究"
  • 宇田川将文, 求 幸年, "電荷秩序系の電場下非平衡定常状態の解析"
  • 2007年春季大会 鹿児島大学
  • 求 幸年, "コメント", 領域8シンポジウム "軌道縮退系のフラストレーション効果と異常量子相"
  • 2006年秋季大会 千葉大学
  • 宇田川将文, 求 幸年, "θ型ET塩における水平電荷秩序の抑制と異なる波数をもった揺らぎの共存"
  • 妹尾仁嗣, 加藤岳生, 求 幸年, "擬一次元分子性導体の示す電子格子複合物性の数値的研究"
  • 是常 隆, 求 幸年, 古崎 昭, "異方的三角格子ハバード模型における金属絶縁体転移と磁気秩序"

研究会等

  • FY2016
  • 求 幸年, "分数スピンが引き起こす新しい相転移",
    第5回パイロクロア研究会(2016年12月, 岡山大学)
  • 求 幸年, "スピンの自由度が分数化すると何が起きるのか",
    平成28年度 東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究会 「電荷とスピンの制御に基づく精密物性科学の構築とデバイス応用」(2016年11月, 仙台)
  • 求 幸年, "量子スピン液体の現状と将来 ー Kitaevモデルを軸とした新展開",
    ワークショップ:物性物理・現状と将来 (2016年6月, 秋田大学)
  • 小澤 遼, "遍歴磁性体における多項式展開法を用いた高効率シミュレーションによる新奇な非共面的磁気秩序状態の探索",
    物性研究所スパコン共同利用・CCMS合同研究会「計算物質科学の今と未来」 (2016年4月, 東京大学物性研究所)
  • FY2015
  • 求 幸年, "量子スピン液体におけるスピン分数励起",
    新学術領域研究「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」第1回領域研究会 (2015年12月, 京都大学芝蘭会館 稲盛ホール・山内ホール)
  • 求 幸年, "数値実験で観る磁性体の新しい量子物性",
    東京大学物性研究所短期研究会「量子物質研究の最前線」 (2015年12月, 東京大学物性研究所)
  • 加藤 康之, "J1-J2横磁場イジング模型における量子三重臨界点の量子モンテカルロシミュレーション",
    東京大学物性研究所短期研究会「スピン系物理の深化と最前線」 (2015年11月,東京大学物性研究所)
  • 吉竹 純基, "量子スピン液体近傍の磁気揺らぎとダイナミクス:Kitaev模型に対するクラスター動的平均場近似による研究",
    東京大学物性研究所短期研究会「スピン系物理の深化と最前線」 (2015年11月,東京大学物性研究所)
  • FY2014
  • 求 幸年, "Fractionalization of quantum spins into Majorana fermions, and beyond",
    物性理論・統計力学セミナー2015 (2015年3月,ラフォーレ倶楽部 箱根強羅)
  • 求 幸年, "スピン液体とトポロジー:局所拘束条件と局所保存量の観点から",
    基礎物理学研究所研究会「量子多体系研究の新しい潮流 - テンソルネットワーク・繰り込み群・エンタングルメント -」 (2014年12月,京都大学基礎物理学研究所)
  • 求 幸年, "スピン軌道相互作用に起因した特異な磁性と伝導現象 - トロイダル金属が示す新しい量子伝導 -",
    物性ワークショップ「強くスピン軌道相互作用した強相関電子系における新奇量子相と量子現象」 (2014年11月,九州工業大学)
  • 宇田川 将文, "パイロクロア伝導系のトポロジカル欠陥",
    物性ワークショップ「強くスピン軌道相互作用した強相関電子系における新奇量子相と量子現象」 (2014年11月,九州工業大学)
  • 速水 賢, "遍歴電子系における特異な磁性と電子状態 - 多重Q秩序,ディラック電子,磁気的なトポロジカル絶縁体 -",
    日本物理学会北海道支部講演会 (2014年10月,北海道大学)
  • 宇田川 将文, "パイロクロア伝導系のトポロジカル欠陥",
    研究環「特異な結晶構造に創出する新奇量子相の解明」第2回研究会 (2014年9月,首都大学東京)
  • 求 幸年, "All-in/all-out 絶縁体の磁壁における磁性と電子状態",
    CMRCミニ研究会「5d遷移金属化合物における金属-絶縁体転移」 (2014年6月,高エネルギー加速器研究機構)
  • FY2013
  • 求 幸年, "量子スピン液体の気液相転移?",
    物性理論・統計力学セミナー2014 (2014年3月,ラフォーレ修善寺)
  • 求 幸年, "拡張多極子クラスターによる新しい量子伝導現象",
    物性研究所 短期研究会「強相関電子系における局所対称性の破れと量子物性」 (2013年11月,東京大学物性研究所)
  • 求 幸年, "スピンアイス伝導系が示す特異な量子伝導",
    物性研究所 計算物質科学研究センター(CCMS) 第3回シンポジウム「スピン・軌道相互作用の物理における実験・理論・計算」 (2013年11月,東京大学物性研究所)
  • 求 幸年, "スピンアイス伝導系の異常量子伝導",
    第1回パイロクロアワークショップ「高対称格子上の変幻自在電子」 (2013年7月,北海道大学)
  • FY2012
  • 求 幸年, "近藤格子系における電荷秩序不安定性",
    新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」第4回研究会 (2013年1月,東京工業大学)
  • FY2011
  • 求 幸年, "多項式展開モンテカルロ法によるスピン電荷結合系の数値的研究",
    「強相関系に対する計算科学手法とその応用」に関する研究会 (2012年1月,東京大学工学部8号館,6号館)
  • 求 幸年, "Mo パイロクロア系の理論 ― 異常金属状態,金属絶縁体転移, スピングラス転移",
    KEK/物構研 CMRC 研究会「遍歴系における幾何学的電子相関」 (2012年1月,つくば国際会議場)
  • 求 幸年, "フラストレート伝導系に現れる非自明な秩序 ーカイラリティ,部分無秩序,スピンアイスー",
    東京大学物性研究所 理論セミナー (2011年12月,東京大学物性研究所)
  • 吉竹純基, "軌道縮退した三角格子系LiVX2 (X=O,S,Se)における三量体形成と金属絶縁体転移",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 第7回トピカルミーティング「フラストレーションとスピン・電荷・軌道・格子自由度」 (2011年7月,彦根ビューホテル)
  • 求 幸年, "近藤格子系における電荷密度波形成の高精度変分モンテカルロ法による研究",
    新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」第3回研究会 (2011年6月,東京大学物性研究所)
  • 求 幸年, "スピン電荷結合系におけるフラストレーションと新奇な磁性・伝導現象",
    FIRSTプログラム「強相関量子科学」理論フォーラムワークショップ「スピン物性物理学の将来展望」 (2011年4月,東京大学工学部6号館)
  • FY2010
  • 求 幸年, "多項式展開モンテカルロ法の現状と今後の展望",
    CMSI研究会:第1部会「新量子相・新物質の基礎科学」 (2010年11月,自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター)
  • 求 幸年, "フラストレート近藤格子系における部分近藤スクリーニング",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 第6回トピカルミーティング「フラストレーションと量子輸送」 (2010年10月,宮島グランドホテル)
  • 求 幸年, "フラストレーションのある強相関電子系における相競合",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 平成22年度立ち上げ全体会議 (2010年5月,理化学研究所)
  • 求 幸年, "パイロクロア格子系のフラストレーションによる縮退とその解放",
    CMRC研究会「相関電子と構造物性」 (2010年2月,高エネルギー加速器研究機構)
  • FY2009
  • 宇田川将文, "フラストレート伝導電子系における''ice rule''局所拘束条件の効果",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 平成21年度領域成果報告会 (2010年1月,京都大学基礎物理学研究所)
  • 求 幸年, "フラストレート分子性導体(DI-DCNQI)2Agにおける電荷とボンドの秩序",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 第5回トピカルミーティング「誘電体にひそむランダムネスとフラストレーション」 (2009年12月,大阪大学豊中キャンパス)
  • FY2008
  • 求 幸年, "三角格子上の強相関電子系におけるスピンフラストレーション,電荷・スピン・軌道秩序と金属絶縁体転移",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 平成20年度領域成果報告会 (2009年1月,東京大学物性研究所)
  • 求 幸年, "Spiral charge frustration in quasi-1D molecular conductor (DI-DCNQI)2Ag",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:異常量子物質の創製 -新しい物理を生む新物質- 2008年度成果報告会 (2009年1月,東京大学生産技術研究所)
  • 求 幸年, "フラストレート遍歴電子系における相競合と新奇な伝導現象",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 第3回トピカルミーティング「フラストレーションとスピン液体」 (2008年12月,神戸大学百年記念館六甲ホール)
  • 求 幸年, "Monte Carlo study of double-exchange model on the 3D frustrated pyrochlore lattice: finite-size effect and averaging over twisted boundary conditions",
    次世代ナノ情報機能・材料グループ成果報告会 (2008年12月,東北大学金属材料研究所)
  • 宇田川将文, "クラスター動的平均場理論によるハイパーカゴメ格子上ハバードモデルの解析",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:異常量子物質の創成 「新しい物理を生む 新物質若手の会 第四回会議」 (2008年11月,箱根パークス吉野)
  • 求 幸年, "三角格子系LiVO2における三量体化の起源",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 「平成20年度立ち上げ全体会議」 (2008年6月,理化学研究所 和光研究所)
  • 求 幸年, "フラストレート電子系におけるスピンと電荷の揺らぎ",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理 「A01&A05班合同研究会」 (2008年5月,東京大学小柴ホール)
  • FY2007
  • 求 幸年, "分子性導体の示す相競合の数値的研究",
    「次世代ナノ情報機能・材料」成果報告会プログラム (2008年2月,御茶の水ビジネスセンター)
  • 宇田川将文, "カゴメおよびハイパーカゴメ格子上のハバードモデルにおける磁気ゆらぎと強相関効果",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 「第1回トピカルミーティング」 (2008年1月,京大会館)
  • 求 幸年, "スピネルおよび関連物質における複合自由度の競合",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:フラストレーションが創る新しい物性 「キックオフミーティング」 (2007年11月,大阪大学中之島研修センター)
  • FY2006
  • 求 幸年, "強相関電子系のモデル計算におけるモンテカルロシミュレーション",
    物性研究所短期研究会「計算物性科学におけるスーパーコンピュータ利用の現状と展望」 (2006年12月, 東京大学物性研究所)
  • 宇田川将文, 求 幸年, "θ型ET塩における水平電荷秩序の抑制と異なる波数をもった揺らぎの共存",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:新しい環境下における分子性導体の特異な機能の探求 「新物性の理論研究会」 (2006年11月, 東京大学)
  • 求 幸年, "有機サイリスタθ-ET塩における電荷揺らぎの共存のメカニズム",
    理研シンポジウム 第2回電子複雑系科学研究会「電子複雑系の機能と物性開拓」 (2006年10月,理化学研究所)
  • 求 幸年, "Macroscopic degeneracy and exotic states in pyrochlore Heisenberg antiferromagnets",
    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理 「A01&A05研究項目合同ワークショップ」 (2006年7月,那須ビューホテル)
  • Y. Motome, "Frustration and multiple degrees of freedom in spinel oxides",
    'MPI-ERATO-BUTSUKO Workshop on Spin-Charge-Orbital Correlated Phenomena' (Jun. 2006, Univ. of Tokyo)